王様の耳はパンの耳 贈る言葉
http://noririn0409.blog52.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2013.03.16
23:33
 
おかげさまで昨日娘が小学校を卒業しました。ひとつ親の責任を果たせたかな。いやいやまだまだ野を越え山を越え難関がたくさん待っているぜーって諸先輩たちの声も聞こえてきそうですが、とりあえず大人の階段をひとつ上らせてあげることが出来たかなって思います。そういえばいまどきの卒業式って「仰げば尊し」も「蛍の光」も歌わないんですねーそのかわり卒業証書もらったあと卒業生ひとりひとりが決意表明というか6年間の思い出やらこれから頑張っていきたいこととか壇上で発表するんですよ。それがまたみんな役者でねーものっすごく感動的に喋るんですよ。これがまた保護者の涙腺を刺激するというか(笑)あとで聞いた話なんですが、この発表の台詞、練習の時と台詞が違ってたらしいのです。娘のクラスの子達が先生にサプライズしたいというのでぶっつけ本番に台詞を変えて発表したというのですよ。当日の朝の練習のときは当たり障りのない台詞でしれっと練習してたそうです。そして本番。もちろん担任の先生はびっくり。そして感動の涙涙。。。台詞を変えて発表するというのは校長先生だけ知っていたそうです。先生に感謝の気持ちを伝えたい喜んでもらいたいってみんなで考えたんだろうなあ。そういう子達に育ててくれたのは担任の先生だし本当にいいクラスだったんだなあって思いました。謝恩会でも思い出話に爆笑したり号泣したりwあーもう泣きすぎて頭痛い。本当にいいクラスだった。先生も子供たちも。先生が大好きでクラスのみんなも仲良しで楽しく登校できるってことはこのご時勢大切な事なんだよなーって思いました。中学校に行ってもそんな先生に恵まれるといいな。卒業おめでとう。あなたらしく頑張ってください。







 
Category * 日常ネタ
Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 王様の耳はパンの耳, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。